ニュース

第1回 サイクリングのUVケア

女子の宿敵紫外線!
よく晴れた日や日差しが強い夏はUVケアしないと!と気を付ける人が多いかもしれませんが、実は、紫外線って年中降り注いでるんです!!
自転車に乗ってるそこの女の子!
「まだ4月だから」と油断していると、気付けばお肌がボロボロ…なんてことになりますよ!あ~、こわいこわい…


お問い合わせ

そんなことにならないためにも、まずは対策♪
あらかじめ日焼け止めを塗っておくのはもちろんですが、自転車に乗っているとどうしても汗をかいてしまって、いつのまにか落ちていて、お肌が太陽の光にさらされてしまいます。こまめに塗り直せるといいのですが、自転車に乗っているときはなかなかできないものです。
汗で濡れたグローブをもたつきながらはずし、ポーチから日焼け止めを取り出し、手にとり、塗り、またもたつきながらグローブをつける。この一連の作業がめんどうなんですよね…
わたしも日焼け止めをサドルバッグにしのばせてはいますが、実際に使ったことはありません^^;

そんな自転車女子はウエアで対策
グローブやアームカバー、ネックカバーは常識アイテム!
今からの季節だと、速乾性が高く、清涼感のあるものがいいですね。
グローブとアームカバーの間の部分にすき間があいてしまい、その部分だけ日焼けしてしまうなんてかっこ悪い失敗は自転車女子の中ではよくある話。これからという方は手首まであるグローブがおすすめですよ。
そして、そして、実はいちばん大切なのがアイウエア!
紫外線は肌よりも目から入ってくる方が多く、シミの原因となるメラニンが肌の内側でどんどんつくられてしまいます。忘れた頃にシミだらけ!なんてことも。サングラスはマストアイテムなんです!!

これだけ対策していても、日焼けはしてしまうもの。でも、その後のケア次第でお肌に大きな差ができます。
焼けちゃった肌はとにかく保湿♪
やさしく洗顔し、肌の汚れを落とした後は、保湿力の高い化粧水をたっぷりコットンにしみ込ませ、肌に「じゅわじゅわ~」っとなじませるようにつけていきます。その後は美容液で整え、保湿クリームで潤いをキープ。美容液はメラニンの生成をおさえるビタミンB2、抗酸化作用のあるビタミンA配合のものがおすすめです。

気持ちの良いこの季節、日焼けを気にして自転車に乗らないのはもったいない!
今回お話した対策とケアで、あなたのお肌は守られます。
自転車生活をかわいく、美しく、楽しみましょう♪