ニュース

警視庁に聞いた!右折するときにやりがちな『アレ』!

交差点で右折をしようとした時、対面の信号が赤になったらどうしますか。
前回の交通ルールの記事では、

『自転車は「二段階右折」をしなければなりません。
※二段階右折とは、直進を2回繰り返して右折することをいいます。』

(前回の記事はこちら

と、二段階右折の方法をご紹介しました。
この時は、対面する信号に従うため、正面の信号が赤の場合は止まって待つ必要がありますよね。

急いでいるときや、赤信号の待ち時間が長いとき・・・
私たちがやってしまいがちな通り方があります。

交差点2_1

交差点1_1

交差点に直面し、右側の信号が青だと気がついた時、このような進路を取ってしまうことはありませんか?

さて、この方法は○か×か、はたまた△か…

 

警視庁の方に聞いた!

Q「(状況を説明し)このような右折方法は、アリなのでしょうか。」
A「はい。基本は自転車は二段階右折ですが、ルールに従っていればこの方法でも可能です。

Q「ルールというのは?」
A「自転車は、乗れば車両、押せば歩行者です。そこをしっかり理解していることが重要です。

ルールと方法

 
①対面の信号が赤の場合は、必ず停止線の手前で停止すること。
停止線を越えてはいけません。 停止線を越えると、信号無視になるので違反です。
 
②車道からそのまま対岸に渡ってはいけない。
停止線を越えることになるからです。この時点では、自転車は「歩行者」ではなく「車両」です。
 
③一度その場で歩道に乗り上げてから、横断歩道を渡る。
その場で自転車を降りて、押して歩道へ乗り上げましょう。
左側にある歩道が「自転車および歩行者専用」の標識がある場合は乗ったままで歩道に乗り上げることができます。
 
④横断歩道がある場所まで歩道を進み、自転車横断帯がある場合はそこを、無い場合は横断歩道を歩行者の妨げにならないように進む。
押して歩くのがベストです。横断歩道の通行ルールに従いましょう。
 
⑤対岸へ渡ったら、向きを変えて信号が青になるまで待つ。
自転車に乗っている状態は「車両」なので、歩道で自転車に乗るのは基本的に禁止です。ただし、例外はあります。このとき、自分がいる歩道が「自転車通行可」なのか、標識等を見て確認しましょう。
交差点2_3

 

⑥青になったら、歩行者の妨げにならないように注意しながら横断歩道を渡り、右折完了。
車道の左側を走ります。

 

このように、さまざまなルールをしっかり守ることが出来る場合は、二段階右折以外の方法で渡ることが可能ということでした。

乗れば車両、押せば歩行者

自転車は便利な乗り物です。しかし、その便利さを利用して、車両用信号が赤なら歩道を進もう、と乗りながらすり抜けてしまう自転車が多いように感じます。簡単そうで、簡単ではない自転車のルールをしっかり把握し、自転車に乗る人の代表としてスマートに走行ができるといいですね。

 


Share on Facebook Share on Twitter Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る