ニュース

レーサー以外のための新ジャンルロードバイク「Farna 700-105」に NEWカラー&NEWサイズ登場!

レーサー以外のための新ジャンルロードバイクとして発売以来ご好評をいただいている『Farna(ファーナ) 700-105』に、新色「ブラック/ブルー」身長145cmから乗車できる395mmサイズがラインナップに加わりました。
Farna700105_BLBK

「低重心・ロングホイールベース・高効率」をコンセプトに、既存のレース向けロードバイクに比べひときわ高い直進安定性を実現したFarna 700-105は、ロードバイクエントリー層が感じる「時速30km巡航の壁」に着目して生まれた日本のロードバイクです。

今回定番カラーとして追加される「ブラック/ブルー」は落着きと上品さをもった深みのあるブルーに白いロゴが映えるスポーティで爽やかなカラーリングです。男女ともに受け入れられやすいカラーはライフスタイルの1つとしてスポーツバイクを楽しみたい人にマッチします。

また、Farna 700-105に新しく追加されるフレームサイズ395mmのバイクは、身長145cmから乗車することができ、これまで適正サイズに悩んでいた方にもスポーツバイクの世界への扉を開く一台です。日本人の体格に合わせてフレーム設計を最適化したFarna 700-105は時速30km弱の速度でもふらつきを少なく抑え、無理なく乗りやすいバイクに仕上げています。

cyclingisfun
◆サイクリングが楽しくなる「Farna700-105」詳しい製品情報はこちら◆

Farna 700のコンセプト

コンセプト①:
低重心
BB下がりを大きく取った低重心設計にしたことで、
低速でのふらつきやすさを最小化
コンセプト②:
ロングホイールベース
リアセンターとフロントセンター寸法を長く取ることで
低速でも優れた直進安定性を発揮
コンセプト③:
高効率
ヘッドチューブ長を敢えて短く設計し、十分に前傾できる
ハンドルポジションをとることで、上体を含む全身の力を効率
よくペダルに伝え推進力に変換

車重そのものの軽量化、前輪・前フォークの軽量化、リアセンターの短縮が見られる既存のロードバイクは時速40km以上の集団走行を前提としたレースシーンに適した設計となっていますが、低速では過敏でふらつきやすくなります。レース以外のロードバイク使用シーンのほとんどが30km/h以下という実情から、この速度域で安定走行できるFarna 700は多くの方にスポーツバイクに乗る喜びを感じていただけます。

アルミフレーム技術「EAST L」

IMG_6806
EAST L (Ex-Aluminum Shaping Technology Light)」とは、重量剛性比の高いアルミ合金を使用し、トリプルバテッド加工により軽量化したチューブの溶接部分にスムースウェルディング加工が施された軽量アルミフレームです。
アーチ型かつ扁平したトップチューブ・シートステーおよびチェーンステー扁平加工により地面からの衝撃を効果的に軽減させます。汚れ防止やスッキリとした外観につながるワイヤー内装式を採用しながらも、日本人向けの右前ブレーキ・左後ブレーキに対応した、ワイヤーに無理のないルーティングが操作性の向上に貢献します。

フレームサイズ別ジオメトリー最適化

フレームサイズ毎にBB下がり、リアセンター長、フォークオフセットを調節しサイズの違いによる乗り心地の違いを少なくしました。軽量性と振動吸収性を兼ね備えたフルカーボン製上下異径フロントフォークはフレームサイズ別に45mm、50mmの2種類のオフセットを用意して安定性を向上させています。


◆サイクリングが楽しくなる「Farna700-105」詳しい製品情報はこちら◆


Share on Facebook Share on Twitter Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る