TOP > サポート > スポーツバイク取扱講座~ステム高さ調整編~

サポート

 

140515toriatsukai_stem_top

スポーツバイクには、ビギナーの方が最初はちょっと戸惑ってしまうけど、
安全/快適に使用するために必ず覚えていただきたい取扱方法があります。
このシリーズでは、「これだけは覚えよう!」という必須項目についてご紹介していきます。

今回は、「ステム」の高さの調節の方法(と、ガタが出ないようにする方法)をご紹介します。

「ステム」とは、ハンドルとフレームをつないでいる部分で、
こちらの高さを調節することで、ハンドル全体の高さを上げたり・下げたりできます。

140515toriatsukai01

スポーツバイクでは、現在広く「アヘッド」という仕組みが採用されており、
KhodaaBloomのバイクも同様ですので、今回はこの調整方法についてご説明します。

<用意するもの>

・アーレンキーセット
※6角レンチのこと。写真のようなセットをそろえましょう。自転車専門店で販売しています。

140515toriatsukai13

1.「ヘッドキャップ」を緩めます。
※上側をふさいでいるフタのようなものです。

140515toriatsukai11

2.ステムのクランプ(固定している部分)を緩めます。ボルトが2つある場合は、交互に偏りなく緩めていきます。

140515toriatsukai02

3.「ヘッドキャップ」とスペーサー(間に入っている輪)を取ります。

140515toriatsukai04

4.ステムを引き抜きます。

140515toriatsukai05

5.今回は例として、ステムを下げる方法をご紹介します。「スペーサー」を下げる分取ります。
※ハンドルを上げる場合は「スペーサー」を上げる分入れます。

140515toriatsukai06

6.ステムを再度挿入し、取り外した分のスペーサーとヘッドキャップを入れます。

140515toriatsukai08

7.ヘッドキャップを締めこみます。

140515toriatsukai11

☆ここが重要なポイント!

多くの方が順番を間違うのですが、まずヘッドキャップを締めこみます。
ここを締めこむことによって全体に圧力がかかり、ガタつきがとれて締めこみが得られるのです。

☆締めこみ加減に注意!

140515toriatsukai14

写真のように、前ブレーキをかけながら前後にゆすってみて、かたかたいわないところ(「ガタ」といいます)まで締めこみます。

☆ハンドルがきちんとタイヤとまっすぐにとりつけられているか確認!

140515toriatsukai09

⇒定規などを使って、目視でまっすぐになっているかを確認します。

☆ハンドルを左右に切ってみて、スムーズに切れるか確認します!

140515toriatsukai10

ハンドルを左右に切ってみて、動きが渋くなければOKです。
ヘッドキャップを締めこみ過ぎると、ハンドルのキレが悪くなります。

以上のように、前ブレーキをかけて前後にゆすってガタが出ない⇒ハンドルを左右に切ってスムーズに切ることができる
ちょうどよい力加減まで締めこみます。

8.ステムのクランプを締めこみます。

注意点は、ボルトが2つある場合はそれぞれを均等に締めこむことです。
片方をある程度締めたらもう片方をある程度締める、を繰り返します。
片方ずつ一気に締めると、締めつけに偏りが出てしまいます。
締めすぎてもいけませんが、きちんと締まったな、という感覚が得られたらOKです。
締めつけ具合については、一度購入した取扱店へ持ち込み、スタッフの方にチェックしてもらうことをおすすめします!

140515toriatsukai12

以上です。

スポーツバイクは自分の体格に合ったポジションに調整することが大事ですので、
この作業は自分でできるようになりましょう。

また、この部分が緩んでガタが出ながら乗っている方、誤った順番で締めつけている方がたくさんいらっしゃいますので、
今一度緩んでいないか、正しく締めつけられているかを確認しましょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<バックナンバー>

クイックリリース編