TOP > サポート > スポーツバイク取扱講座~クイックリリース編

サポート

 

140418title

スポーツバイクには、ビギナーの方が最初はちょっと戸惑ってしまうけど、
安全/快適に使用するために必ず覚えていただきたい取扱方法があります。
このシリーズでは、「これだけは覚えよう!」という必須項目についてご紹介していきます。

今回は、スポーツバイクの車輪着脱に欠かせない「クイックリリース」の正しい締め方をご紹介します。

クイックリリースとは、簡単に車輪の取り外し/装着を可能にするアイテムで、スポーツバイクでは多く採用されています。
こちらは使い方を理解し正しく使用しないと重大な事故につながりかねず、
また出先でのパンク修理に対処するためには使い方を覚えることが必須です!

結構ゆるゆるの状態で使っていらっしゃる方が多く見受けられますので、きちんと付け外しできるようにしましょう!

レバーの向き
14041801 14041808

まず、締め方をご紹介する前にダメな例をご紹介します。上の写真のように、
前輪はフォーク、後輪はフレームにレバーを添わせるやり方は間違いではありませんが、こちらのクイックリリースのように、
フォークとレバーの間に隙間ができないタイプですと、指が入らなくなってしまいます。

14041803 うぐぐ、、、入らない、、、、。

特に力のない女性は後でレバーを緩められなくなってしまうから、と言ってゆるゆるに締める方が多いのですが、非常に危険です。

14041802 14041810

ですので、まずは↑のようにずらす方法にして、てこの原理で外しやすいようにしましょう。

1404180205

これならぐっと力が入って、力のない女性でもきちんと締めつけても外せるはずです。

☆注意点☆
危険なずらし方があります。何かにひっかかることがあるので、↓の方法はやめましょう。

・前側の場合→進行方向にずらす
・後ろ側の場合→進行方向の逆側にずらす

14041809 14041811

締め方
では、続いて締め方です。まず、レバーを完全に解放した状態で押さえ、もう片方の手で反対側の部分を回します。
☆注意:ここを回すと締まるわけではないですので、勘違いしないように。

14041806

ある程度締まってきたかな、というところで、レバーを締めてみてください。
下の写真のように、ちょうど車輪から90度になる部分から「コツン」と力がかかるくらいで締めるとよい締めつけを得られます。

14041804

OKの場合は、↓のようにぐっとレバーを最後まで締めこみます。この時もてこの原理で締めるようにしましょう。

14041807

以上です。

締めすぎてもいけないし、緩すぎてもいけないのです。
繰り返しとなりますが、ちょうどよいポイントは締めるときに車輪から90度の角度で「コツン」と力がかかるところ、です。
これをマスターしましょう。

 

定期的に緩みをチェック!
最後に、しばらくレバーを開け閉めしていない方は、
緩んでいないか1週間に一回、週末走りに行かれる前などに実施するようにしましょう。
定期的な点検が大切です。

 

以上、しっかり覚えて安全で快適なスポーツバイクライフをお楽しみくださいね!