ニュース

これからクロスバイクを始める人を考え抜いて作ったクロスバイク「RAIL ST」

当記事は2024年1月26日時点の情報です

st

RAIL STはスポーツバイクを楽しむ人の裾野を広げ、サイクリング文化の拡大に取り組むKhodaaBloomとして、サイクリングが広く誰でも楽しめる趣味であるために送り出すモデルです。STは「Standard(≒標準)」や「Start」を意味し、これからスポーツバイクを始める人にとって標準となるべきクロスバイクを目指しています。

RAIL STは軽量クロスバイクの頂点を目指したRAILシリーズ上位モデルと全く同じフレームを使用しつつ、パーツを厳選することで軽量高品質、高性能でありながらお求めやすい価格を実現しました。この記事ではRAILシリーズ共通の特徴とRAIL ST独自のおすすめポイントをお伝えします。

■RAIL ST 試乗車情報

24rl_st_mwh
上位グレードと同じ素材・製法で作られるRAIL STのフレーム。トリプルバテッド加工が施されたパイプや溶接にスムースウェルドが用いられる。

上位グレードと同じ素材・製法で作られるRAIL STのフレーム。トリプルバテッド加工が施されたパイプや溶接にスムースウェルドが用いられる。

地球と人に優しい水性塗料ミライカラーを採用。

地球と人に優しい水性塗料ミライカラーを採用。

脱輪事故防止を目的にスキュワーナットを採用。より安全性の高いサイクリング体験を提供。

脱輪事故防止を目的にスキュワーナットを採用。より安全性の高いサイクリング体験を提供。

長時間のサイクリングでも快適なフカフカのクッションサドルを標準搭載

長時間のサイクリングでも快適なフカフカのクッションサドルを標準搭載

スポーツバイクには珍しいキックスタンド標準付属。

スポーツバイクには珍しいキックスタンド標準付属。

商品名
RAIL ST
希望小売価格
59,290円(税込)
重量
10.75kg(440サイズ/付属品を除く)
製品情報ページ
https://khodaa-bloom.com/bikes/rail/rail-st/

■軽量クロスバイク RAIL

RAIL_DISC-D_mdGN_710x505

RAILは圧倒的軽量性と安定性を合わせ持った、走行性能にこだわったクロスバイクです。フィットネスやアクティビティ、通勤通学からロングライドまで用途をフルカバーできる走りを実現しており、使う人を選ばない対応範囲の広さが特長です。

ここからはRAILシリーズの共通の特長をご紹介します。

シリーズ共通の1350g超軽量フレーム

230517_image02

RAILシリーズで共通して使用される超軽量フレームの重量はなんと1350g(480サイズ※フレームのみ)と、ロードバイク並みに軽量なフレームを実現しています。開発段階では3Dプリンターを使用し、軽さと強度を両立しながら軽量性を追求しています。
自転車のフレームは金属パイプ(RAILではアルミ)をつなぎ合わせることで形作りますが、RAILのフレームに使用されるパイプではパイプ内側に至るまで加工を施しています。パイプの厚みを最大3段階に変化させる「トリプルバテッド加工」を施すことで強度が求められる箇所はパイプを厚く強く、そうでないところではパイプを薄く軽量にすることで壊れづらい強度と機敏に走る軽量性を実現しています。

230517_image05

通常クロスバイクでは使われないか、上位グレードにのみ使用されるハイスペックなフレームですが、KhodaaBloomではあえてシリーズ全モデルで共通化することにより大量生産とアフターサービスの効率化によるコスト低減を実現。これによって手頃な価格帯のモデルにおいてもハイクオリティなフレームを提供しています。

まっすぐ走りやすいフレーム設計

230517_image03

フロントセンターを長くなるように設計することで乗り始めなどのふらつきやすい低速時においても高い安定性を発揮するようにしています。
他ブランドの同等サイズクロスバイクと比較して約20mm長くフロントセンターを設計していることがRAILの走りやすいフレームの秘密です。

スムース溶接で高い強度ときれいな見た目を実現

230517_image04

RAILのフレームの溶接部分には溶接部分を手作業で研磨する「スムースウェルディング加工」を施しています。「スムースウェルディング加工」を施すことでフレーム生産の工数がかかり、コストが上がりますが美しい外観を実現するだけでなく、応力分散によって耐久性が向上しています。
RAILが形になるまでにはこのような工程を経てフレームが作られています

乗り始めるためのアイテムがまとめてついてくる

法律で義務付けられている装備品などクロスバイクを始めるための必須アイテム「ライト・スタンド・ベル・ペダル・リフレクタ」がRAILには標準搭載されています。
特にライトは2000カンデラとJIS前照灯基準の約3倍以上の明るさなので実用性は十分。乗り始めるときに思ったよりもお金がかかってしまうのは私達も経験しています。すこしでも分かりやすく買いやすくしたいと思って付属させています。

※RAIL STにライトは付属いたしません。

■ミライカラーとは

icon_miraicolor

ミライカラーとは従来使用していた有機溶剤型塗料と比べ光化学スモッグなどの原因となるVOC ( 揮発性有機化合物 ) の排出量が削減される水性塗料を指します。水性塗料はその名前の通り水で希釈できる塗料で、有機溶剤型塗料よりも人体にやさしい塗料です。

■KhodaaBloomとは?

KhodaaBloomlogo

KhodaaBloom(コーダーブルーム)は日本の総合自転車メーカー「ホダカ株式会社」が2008年に立ち上げたスポーツバイクブランドです。
ブランド名は、社名であるホダカ(Hodaka)のアナグラム(文字の入れ替え)です。「希望」をもってこのブランドを展開しようという願いを込めて「K」の文字を先頭にもってきています。
後半のBloom は「華やぐ」という意味で、スポーツバイクのある華やいだ生活を提供しようという想いを体現しています。

KhodaaBloomのバイクたちは埼玉県越谷市の本社で「日本の道・道路環境・使用用途・日本人の体格に合わせたものづくり」を追求して企画・開発がなされています。永く快適に乗ってもらいたいから、使用環境に最適なパーツ選びにこだわり抜いています。

ホダカでは全社員がサイクリングを楽しむ文化があります。社員一人ひとりが使うことで、レースシーンからアクティビティ、趣味・実用にいたるまで現場で使用し、リアルな声を開発にフィードバックすることでよりよい製品開発につなげています。そんなKhodaaBloomのスポーツバイクは自社チームやサポートトライアスリートが使用して実績を残しています。