ニュース

超軽量クロスバイク『RAIL(レイル) 700SL』のすべて

ロードバイクまでは必要としていないけれど、日常使いとフィットネスが両方できるスポーツバイクがほしい。長く使うものだから、クロスバイク選びでも妥協はしたくない。そんなあなたに『RAIL 700SL』をおすすめします。一言で表すと、『超』軽量で上質なクロスバイクです。

RAIL700SL_msl

1.ロードバイクのような軽さで、生活がスピーディーになります

製品名の『SL』は『Super Light』の略です。『RAIL 700SL』は、クロスバイクでは実現してこなかった『ロードバイクのような軽さ』を追求しました。完成車の重量は、クラス最軽量(※1)8.8kg(480mm)を達成しています。軽量にできた理由は、次の2つです。
※1 国内販売中の10万円以下/前変速機付きクロスバイクにおいて(2016年9月現在・当社調べ)

①超軽量フレーム
EAST L(※2)』という加工技術で軽量さと強度を両立したフレームを使用しています。見た目でもわかるフレーム形状の細さにも注目です。
※2 EAST L (Ex-Aluminum Shaping Technology Light)…重量剛性比の高いアルミ合金を使用し、トリプルバテッド加工により軽量化したチューブの溶接部分にスムースウェルディング加工を施して軽量さと強度を両立した軽量アルミフレーム

the lightest in the classEAST L

②カーボンフォーク
フロントフォーク(前輪を支える部分)の素材には、軽量なロードバイクの多くに使われているカーボンを使用しています。また、カーボンは路面から伝わる微振動を軽減してくれるので、長時間乗っていても疲れが少なくすみます。

カーボンフォーク

2.長く快適に乗ってもらいたいから、パーツ選びにこだわっています

①ハブ(車輪の軸)
前後輪に滑らかな回転性が特長のNOVATEC製ハブを使用しています。長期間乗っても、長距離のサイクリングでも軽やかな走りを実現します

NOVATECハブ

②フロントフォークの形状
フォークの形状が弓なりにしなっていることで、段差等の衝撃を吸収し、長時間走行の手の疲れや痛みを最小限に抑えることができます。

③コンポーネント(構成部品)
メインコンポーネントにシマノ『SORA(ソラ)』を使用しています。一般的なクロスバイクのコンポーネントよりもグレードが高く、より優れた走行性能を有しています。

soraクランク ディレーラー2 Vブレーキ

④ハンドルグリップ
スポンジ状のグリップは、軽量かつ手に合わせて形を変えてくれるので握りやすく、ほどよいクッション性が長時間のハンドル操作による疲労を軽減してくれます。また、スポンジグリップは意外にも水を含みにくいため雨の日でも手が滑らずしっかりと握れます

スポンジグリップ

⑤必須アイテム標準装備
ベル、ライト、スタンドを標準装備しているので、手にした瞬間からサイクリングを楽しむことができます。

option

3.日常をスタイリッシュに決めるこだわりのデザイン

①ロゴマーク
バイクの見た目を決めるロゴマークには、金属的な質感を強調する『ヘアライン加工』をほどこし、見る角度によって光り方が異なります。

ヘアライン加工2 ヘアライン3

②サドル
サドルは、車体に合わせたアクセントカラーを加えたスポーティーなデザインとなっています。(写真はマットブラック)

サドル

③細かい部分にもこだわりを
ワイヤーを保護するアウターケーブルは、金属をイメージさせる『網目状』のラインが入ったデザインになっています。また、コラムスペーサーと呼ばれるハンドルとフォークをつなぐパーツの一部には、それぞれの車体に合わせたアクセントカラーを取り入れています。

細身フレーム

カラーラインナップ (全2色)

Rail 700SL

マットシルバー

Rail 700SL

マットブラック

サイズ展開(全3サイズ)

400mm(適応身長:155~170cm)
440mm(適応身長:165~180cm)
480mm(適応身長:170~190cm)

希望小売価格 ¥85,000+税
くわしい製品情報ページはこちら

Special Contents

  

 

取扱店はこちらからお探しください

公式Twitterでは、RAIL取扱店の情報も随時UPしています!


Share on FacebookShare on TwitterShare on Google+このエントリーをはてなブックマークに追加LINEで送る